読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enthumble’s diary

フリーソフトを作ったり、たまにライフハッカーで記事を書いています

LEDプロジェクター、Excelvan 800WMの周辺機器をレビュー

Excelvan 800WMへの周辺機器の追加

LEDプロジェクター、Excelvan 800WMを購入したことは先日書きました。

enthumble.hatenablog.com

このプロジェクターはAndroid搭載ということで、USB端子が二箇所もついています。これを活用してみようと色々試したので、ここに書きます。

Excelvan 800WMのスピーカー

まず、筐体に附属しているスピーカー、これはモノラルですし、おまけ程度のものです。映画や音楽鑑賞には心もとないので、外部スピーカーを接続したいと考えました。ただ、家にあるのは大型のものだったので、せっかくの小型プロジェクターが台無し、、、あちこち持ち運びたいこともあり、小型スピーカーを検討しました。

Excelvan 800WMにはUSB接続端子が二箇所あるので、USBスピーカーを検討しました。「USBスピーカー」とamazonで検索すると、まず2,000円程度の安物がでてきます。ただ、5,000円程度のJBL Pebblesのほうがレビューが多く評判もよさそうでした。よく調べてみると、USB給電と音声入力が同時にできるとのことです。配線が1本ですむことから、プロジェクター周りの配線がすっきりしそうです。

JBL PebblesをUSB接続

プロジェクターにUSBスピーカーを接続。JBL Pebbleのサイドのホイールで、Androidの音量調整はできます。。。しかし音がでません。もしやと思い、調べてみると、Android OSの限界のようでした。搭載しているAndroidはversion 4.4.4。一方、AndroidがUSB接続からの音声出力を正式にサポートしたのがversion 5.0から。特別なアプリなどではUSBから音声出力できるようですが、まず難しいと。Rootが取ってあるので、色々いじるとできるようですが、、、

vanillasalt.net

JBL Pebblesをアナログ接続

仕方ないので、プロジェクターとJBL Pebblesのイヤホンジャックを接続しました。。。ものすごいノイズです。音量ゼロでもノイズがすごいです。プロジェクターの排気ファンよりもうるさい。

JBL Pebblesをアナログ接続+コンセント給電

もしやと思い、価格comのレビューを見ました。USB接続して給電すると、ノイズが乗っかることもあるとのこと。実際、USB給電ではなくコンセントから電源を取ると、ノイズはなくなりました。やっと実感しました。このスピーカーはいい音でます。というわけで、当初の目論見とは外れて、ケーブルは二本接続されてしまいました。ってことは、Fire Stickを付けたときのUSB給電も怪しいぞ。。

Excelvan 800WMは、Android TV box + 高性能プロジェクター

プロジェクター Android TV Box Excelvan

f:id:enthumble:20170115220256p:plain

 

手軽に映画を大画面で見たいと思い、プロジェクターの購入を検討しました。

Excelvan 800WMを選定した経緯

Amazonの「ホームプロジェクターの売れ筋ランキング」では、1万円程度のものが目立ちます。ただ、これらはエントリーモデルのため、解像度が低かったり明るさに不満があったりしますね。安物買いの銭失いは嫌だ。。。そこでLEDランプ、小型、高解像度(1280 x 800)、高ルーメン(500lm程度) といった基準で調べてみました。以下の3つが該当しました。

いずれも4~5万円程度(2017年1月14日)です。この中で最も安価で、よくわからないけれどAndroid搭載という点に惹かれ、Excelvan 800WMを購入しました。

 

Excelvan 800WMでの動画再生

まずはHDMI接続。昼間だとさすがに遮光カーテンが必要ですね。夕方、部屋を暗くすると映像は綺麗に写りました。Android搭載を思い出し、Amazon Prime Videoのアプリをインストール。映画の選択画面まではいけるのですが、動画再生はなぜかできず、、AirPlay経由でもうまくいきません。

使ってみてからわかったのですが、これはAndroid TV Boxにプロジェクターを付けたものですね。そこで諸先輩のTV Boxの記事をみながら、改めてアプリを導入。無事に再生できました。Amazonによる嫌がらせ?が影響していたようです。これによって、ChromeアプリからもPrime Videoを再生できるようになりました。

Prime Videoは、1分に1回は一瞬だけラグがでます。ダウンロードしたビデオでもラグはでますね。気になるなら、Fire Stickを買いましょう。IPTVなどのHD動画やYouTubeでは、このようなラグは殆どありません。ちなみに、TV BoxではKODIというビデオ再生アプリが定番のようですが、うまく再生できませんでした。Prime Music(本体 or Air Play)などは問題はありません。

Air Play機能も便利です。HappyCastというプリインストールアプリのサービスのようです。この機能を利用して、我が家ではAir Play搭載スピーカーとしても使っています。先程のPrim Videoの動画を選んだりダウンロードしたりするときに、Prime MusicをAirPlay経由で流したりしています。Air Play搭載スピーカーが欲しかったのですが、ヒョウンなところで願いがかないました。 

蛇足ですが、海外では、Excelvan LED 9(model 800WM)という型番で売られています。Youtubeで検索すると、いくつか利用動画がでてきます。映像の見え方などは、こちらの動画が参考になります。


Excelvan LED9 (model: DLP-800WM) - тест при разном освещении

その他

5 GHzの無線LANは30分に一回切れるくらい不安定です。すぐに再接続されるので動画再生に影響はないのですが、、一応Ethernet接続しています。

またリモコンだけでは心もとないので、ワイヤレストラックボールマウスを接続しています。AppleBluetoothキーボードで接続はできましたが、入力ができませんでした。

※追記: Thinkpad Bluetooth keyboardは、接続・入力ができました!

HDMI接続もありますしUSB端子が2箇所もあるので、自力でUSB給電してFire Stickなどが繋げられそうです。USB給電スピーカーとの併用もできそうですね。

投影位置は、本体自体では調整できません。小型ホームプロジェクター界隈では定番のManfrottoブランドの三脚を購入しました。 近未来的な外観が本体とマッチして良い感じです。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

 

 

Excelvan 800WMのスペック

CPU-Z というアプリで調べました。

  • OS: Android 4.4.4
  • CPU: 4x ARM Cortex-A7 @ 1.15 GHz
  • GPU: ARM Mali-450MP
  • RAM: 810 MB
  • Internal Storage:5GB
  • Kernel: armv7I 3.1.10
  • Root Access: Yes

色々遊べそうですね。Android搭載のLEDプロジェクターは、まだ一般的には広がっていないのですが、概ね満足しています。Rootも取れているようなので、色々遊べそうですね。質問などあれば、どうぞお気軽に。

 

20170131

追記しました。

 

enthumble.hatenablog.com