読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enthumble’s diary

フリーソフトを作ったり、たまにライフハッカーで記事を書いています

LEDプロジェクター、Excelvan 800WMの周辺機器をレビュー

Excelvan 800WMへの周辺機器の追加

LEDプロジェクター、Excelvan 800WMを購入したことは先日書きました。

enthumble.hatenablog.com

このプロジェクターはAndroid搭載ということで、USB端子が二箇所もついています。これを活用してみようと色々試したので、ここに書きます。

Excelvan 800WMのスピーカー

まず、筐体に附属しているスピーカー、これはモノラルですし、おまけ程度のものです。映画や音楽鑑賞には心もとないので、外部スピーカーを接続したいと考えました。ただ、家にあるのは大型のものだったので、せっかくの小型プロジェクターが台無し、、、あちこち持ち運びたいこともあり、小型スピーカーを検討しました。

Excelvan 800WMにはUSB接続端子が二箇所あるので、USBスピーカーを検討しました。「USBスピーカー」とamazonで検索すると、まず2,000円程度の安物がでてきます。ただ、5,000円程度のJBL Pebblesのほうがレビューが多く評判もよさそうでした。よく調べてみると、USB給電と音声入力が同時にできるとのことです。配線が1本ですむことから、プロジェクター周りの配線がすっきりしそうです。

JBL PebblesをUSB接続

プロジェクターにUSBスピーカーを接続。JBL Pebbleのサイドのホイールで、Androidの音量調整はできます。。。しかし音がでません。もしやと思い、調べてみると、Android OSの限界のようでした。搭載しているAndroidはversion 4.4.4。一方、AndroidがUSB接続からの音声出力を正式にサポートしたのがversion 5.0から。特別なアプリなどではUSBから音声出力できるようですが、まず難しいと。Rootが取ってあるので、色々いじるとできるようですが、、、

vanillasalt.net

JBL Pebblesをアナログ接続

仕方ないので、プロジェクターとJBL Pebblesのイヤホンジャックを接続しました。。。ものすごいノイズです。音量ゼロでもノイズがすごいです。プロジェクターの排気ファンよりもうるさい。

JBL Pebblesをアナログ接続+コンセント給電

もしやと思い、価格comのレビューを見ました。USB接続して給電すると、ノイズが乗っかることもあるとのこと。実際、USB給電ではなくコンセントから電源を取ると、ノイズはなくなりました。やっと実感しました。このスピーカーはいい音でます。というわけで、当初の目論見とは外れて、ケーブルは二本接続されてしまいました。ってことは、Fire Stickを付けたときのUSB給電も怪しいぞ。。