読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enthumble’s diary

フリーソフトを作ったり、たまにライフハッカーで記事を書いています

Excelvanプロジェクターの音声出力環境

プロジェクター

引き続き小型LEDプロジェクターの環境について記載します。プロジェクターはこちら。Android搭載機器です。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01K6O63HI/blog_enthumble-22//ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=blog_enthumble-22

課題

プロジェクターって、壁から離して設置しますよね。でもスピーカーは壁際に置くのが普通。すると問題になるのが、外部スピーカーとの接続方法。折角の小型プロジェクターなのに、後方のプロジェクターから壁側のスピーカーまで、配線を這わのは格好悪い!

というわけで音声出力環境を無線化しました。

解決策

設定した出力環境はこのような形です。

後方のプロジェクター (Bluetooth) -> 壁側のBluetoothレシーバー -> 家庭用のスピーカー

Excelvanのプロジェクターは、起動後10秒待てば勝手にBluetoothが有効になり、接続先を探しに行きます。写真のように、Bluetoothアイコンが現れポーンという音が合図です。

事前に、ELECOMのBluetoothレシーバー(スピーカーに接続済み)を待機状態にし、ペアリングしておきます。このレシーバーは、普通のスピーカーを2,000円くらいで無線化できるのでオススメです。プロジェクター起動後は、スピーカーへ自動接続されます。映画などの音声も、遅延なく楽しめます。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00IRXTMUG/blog_enthumble-22//ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=blog_enthumble-22

AirPlay

無線化といえばAirPlayもできそうですが、実はこのプロジェクターはAirPlay受信しかできません。ただ、iPhoneから音声出力したいときは、このような出力もできます。

iPhone(AirPlay) -> 後方のプロジェクター (AirPlay) (Bluetooth) -> 壁側のBluetoothレシーバー -> 家庭用のスピーカー

プロジェクターをハブにして、iPhoneから無線スピーカーに出力しています。いちいちBluetooth接続を切り替えずに出力できるので、よい感じです。