黎明記(れいめいき)

フリーソフトを作ったり、たまにライフハッカーで記事を書いています

Android プロジェクターで音声出力環境を無線化、そしてAirPlayとBluetoothのハブにもできます!

Androidプロジェクター

引き続きAndroid搭載小型LEDプロジェクターの環境について記載します。

課題

プロジェクターって、壁から離して後方に設置しますよね。でもスピーカーは前方(画面側)に置くのが普通です。すると問題になるのが、スピーカーとの接続方法。折角の小型プロジェクターなのに、後方のプロジェクターから前方のスピーカーまで配線をはわせるのは格好悪い!

というわけで音声出力環境を無線化しました。

解決策

設定した出力環境はこのような形です。

後方のプロジェクター (Bluetooth) -> 前方のBluetoothレシーバー -> スピーカー

Excelvanのプロジェクターは、起動後10秒待てば勝手にBluetoothが有効になり、接続先を探しに行きます。写真のように、Bluetoothアイコンが現れポン!という音が合図です。ただし起動直後だけ接続先を探す仕様のようです。

あらかじめ、ELECOMのBluetoothレシーバー(スピーカーに接続済み)などをプロジェクターとペアリングしておき、待機状態にしておきます。プロジェクター起動後は、スピーカーへ自動接続されます。たったこれだけで、映画などの音声も画面から聞こえるような形で楽しめます。このレシーバーは、普通のスピーカーを2,000円くらいで無線化できるのでオススメです。遅延もほとんどないですね。(一部AirPlay機器は遅延がひどい。。)

AirPlay

さて無線化といえばAirPlayもありそうですが、このプロジェクターはAirPlayの受信しかできません。

まぁ受信だけはできるということで、iPhoneから音声出力したいときにこんな使い方をしています。

iPhone(AirPlay) -> 後方のプロジェクター (AirPlay) (Bluetooth) -> 前方のBluetoothレシーバー -> スピーカー

プロジェクターをハブにして、iPhoneから無線スピーカーに出力するという形ですね。AirPlayの受信もなかなか優秀で、遅延もないですね。いちいち接続を切り替えずに出力できるので、よい感じです。

Androidプロジェクターをハブにする方法、オススメです。